故宮南院、来月1日から有料に  入館者42万人突破/台湾

写真拡大

(台北 22日 中央社)国立故宮博物院南部院区(南院、嘉義県)は、入館料の無料サービスを31日で終了し、来月1日から有料とする。一般の来館者に適用される普通参観券は250台湾元(約860円)。台北市の故宮博物院と同様の価格に設定した。

台湾の人は身分証明を提示すれば150元(約520円)になる。雲林県、嘉義県、嘉義市、台南市の住民は6月30日まで無料。

南院によれば、昨年末のプレオープン以来、入館者数は42万人を突破した。

(江俊亮/編集:名切千絵)