21日、40代の男性が走行中の車10台に石を投げつける映像が公開され、韓国で話題となっている。

写真拡大

2016年3月21日、40代の男性が走行中の車10台に石を投げつける映像が公開され、韓国で話題となっている。

韓国・済州西部警察署は、「同日午後4時9分ごろ、済州市内の道路で石を投げて車10台を破損し、安全運転を脅かした疑いで、48歳のキム氏を立件した」と明らかにした。

警察によると、キム氏が投げた石に当たった車のフロントガラスが割れるなど、現場は一時騒然となった。その衝撃で、女性運転手が失神し、病院に運ばれる事態も発生した。キム氏は警察が撃った空砲とテーザー銃をかわして逃亡したが、約1時間後に捕まった。キム氏は「車が追い掛けてきたため石を投げた」と話している。

この動画を見た韓国のネットユーザーは、「そんな危険な人物を現場で逮捕できないなんて情けない」「危険過ぎる。米国なら実弾で撃たれていた」「運転手らはどんなに怖かっただろう?大事故につながるところだった」「都心に現れるイノシシよりも恐ろしい存在。実弾を撃ってすぐに捕まえるべきだった」などのコメントを寄せた。(翻訳・編集/堂本)