写真提供:マイナビニュース

写真拡大

OKIグループのソフトウェア開発・SIサービス会社であるOKIソフトウェアは3月22日、短期間でヘルプデスクなどの小規模なコンタクトセンターをシステム化したい顧客に対しコンタクトセンター向けCRMソリューション「enjoy.CRM III Express(エンジョイ・ドット・シーアールエム・スリー・エクスプレス)」を2016年3月22日より販売開始した。価格は1000万円〜。

enjoy.CRMIII Expressは、コンタクトセンター向けCRMソリューション「enjoy.CRMIII」のシステム環境一式をあらかじめ設定した標準サーバにパラメータ自動設定機能を装備して提供される。これにより、顧客は最短1カ月で運用を開始することができるという。

また、enjoy.CRMIIIと同じ機能を提供するため、導入後はコンタクトセンターを運用しながら業務に合わせた機能拡張が可能。さらに、OKIのIPコンタクトセンターシステム「CTstage 6Mi」シリーズと標準連携することで、CTI連携による素早い顧客対応やCRMとCTIのクロスレポートによる一次解決率分析や商品分類別の対応状況分析など、顧客満足度向上に役立つ機能を利用できるという。

さらに、オムニチャネル対応を希望する顧客に対しては、電話やメールに加え、Webサイトなどのチャネルを追加設定することで利用を可能としている。

(岩井 健太)