「電力自由化」でトクするには? “比較検討”のポイントをFPが解説

写真拡大

いよいよ4月から「電力自由化」がスタートします。といっても電力の何が自由化されるかちゃんと理解していますか?ちょっと難しい電力自由化のお得になるポイントをお金の専門家がわかりやすくまとめました。

平均39,572円より多い、少ない? パパの“おこづかいルール”正しい決め方

電力自由化が始まる、って何それ?

2016年4月から、電力自由化がはじまる、と新聞やニュース、テレビで紹介されているのを目にした人は多いと思います。

しかし、あなたが「私、東京電力以外のところが作った電気を買いたいのだけど、今回の自由化ってそういうことね?」と思っているなら、理解はまだ半分くらいです。

そこで、電力自由化のポイントをわかりやすくまとめてみます。今からでもまだ間に合いますよ!

今回、「発電」と「小売り」が自由化される

もともと電気は自由にビジネスに参入することができないしくみでした。公共性が高く、生活やビジネスの基盤となるしくみだからです。

電気が私たちの家庭に届くしくみを簡単に言えば「発電(発電所)」→「送配電(電柱とか鉄塔、電線)」→「小売り」という流れがあるわけですが、今まで地域ごとに「関東エリアは東京電力が全部担当する」のように決まっていました。

これを分割し、発電や小売りについて民間からも自由に参入・競争できるようになるのが今回の電力自由化になります。

このとき「送配電」については既存の電力会社がすでに保有している電線のネットワークをそのまま提供します。さすがに新会社が電線まで引いていたら初期投資が大変ですし、町中は電線だらけになってしまうからです。

送配電においては「これは風力発電の電気」「これは原子力発電の電気」と分けてはいません。しかし「自分の使った分に相当する電気は環境負荷の低い発電所から送られてきたものが含まれている」ということになります。

ある程度、「どこで発電されたものを選ぶか」「どこで小売りされているものを選ぶか」自分の好みの会社を選べるようになるわけです。

かつて電話や郵便などが独占されていましたが、ライバル会社の算入と競争があったことで価格が下がったりサービスが向上しました。NTTや日本郵政は今では民間企業となっています。電力の自由化は「宅急便にするかゆうパックにするか」「NTTdocomoにするかソフトバンクにするか」といったイメージで考えると、少しわかりやすいかもしれませんね。

ところで、「契約した会社がきちんと発電できずに停電になるのでは」という心配はほとんどありません。もしそうした事態が発生した場合、東京電力等が不足分を送配電網に提供し、新電力会社の契約者だけ停電にならないようにするしくみになっています。

えっ?東京ガスで電気を買う?

今回、大きく注目が集まっているのは電力の「小売り」会社です。再生エネルギーを利用して発電する会社があるかと思えば、携帯電話会社や石油会社、ガス会社などが参入し、電気代の割安提供をアピールしてきているからです。

理屈として言えば、東京電力等と競争を行うわけですから、新規参入する会社がもっと割安の電気料金を提示される可能性が高まります。電気とガスの請求事務コストをひとまとめにすることで効率化をはかり、割安の価格設定にすることも考えられます。

セット割引については、各社がいろいろチャレンジしてきており、石油会社がガソリンスタンドでのガソリン代のセット割引を提示してきたり、携帯電話会社が携帯電話料金とのセット割引を提示してきています。

また、ポイントが貯まるというアプローチもあります。利用料金に応じてTポイントカード等にポイントが貯まれば、実質的な割引になります。特定のクレジットカードを利用すればポイントバックされるような割引も出ているようです。

いろんな業者が、それぞれの得意分野を意識しつつ電力小売りに算入してきているわけです。

チェックポイントは? オススメはどこ?

まずは割引額がどれくらいになるか、自分の家庭の利用状況から試算をしてみるといいでしょう。電気料金の検針票をみつけて、比較サイトを利用したり、検討候補の電気小売業者サイトで情報を入力することでシミュレーションができます。

比較サイトは 価格.comやエネチェンジ、Yahoo!ジャパンなどの電力自由化特集ページが便利です。それぞれ比較検討用のコーナーもあります。

東京電力などの現状契約している電気会社が個別に郵送してくる新料金プランのお知らせなどもチェックしましょう。電気の利用料が大きい場合など、実際の利用料金をベースにシミュレーション結果が示されています。

このとき、注意点をいくつかあげておきますと、

(1)「初回契約特典」的な一時的な割引に踊らされないようにすること(最初だけしか割引効果がない)

(2)自分が利用しない優遇をお得と誤解しないようにすること(例えばマイカーがないのにガソリン代割引を年間節約金額に加味するのはおかしい)

(3)2年契約プランのお得なプランが多いが、中途解約時に解約費用がかかる条件を確認しておくこと

などを意識すれば、どちらがお得か比較検討がしやすくなります。

選択肢が多くて迷ったら、「今の電力会社のおすすめプラン」と「ガス会社、石油会社、携帯電話会社の新プラン」に絞って比較してみてはどうでしょうか。

ギリギリまで見極め、後悔のないプラン選びを

新規参入している電力小売り会社がすべてお得とは限りません。ホームページがきちんと完備されておらず情報をしっかりチェックできないところもあります。再生可能エネルギーの発電を行う発電会社を選んだ場合などは、割安にならない、という可能性もあります(割安になるところももちろんあります)。

さらに困ったことに各社の料金プランも「後出しじゃんけん」の様相があって、よりお得なプランがさらにでてくることも考えられます。4月1日の電力小売りがスタートするギリギリまでねばって、後悔のないプランを選択したいものです。

もし、今すぐ決めきれないと悩んでいる人、あるいは比較検討する時間がないという人がいたら、あわてなくても大丈夫です。4月に入って落ち着いてから決めてもいいと思いますよ。