日本を訪れる中国人が近年、増加を続けている。中国のネット上では日本に対して反日感情をむき出しにして批判する人も多いが、実際に日本を訪れ、自分の目で日本を見ようとする中国人が増えていることは良いことと言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人が近年、増加を続けている。中国のネット上では日本に対して反日感情をむき出しにして批判する人も多いが、実際に日本を訪れ、自分の目で日本を見ようとする中国人が増えていることは良いことと言える。

 では、実際に日本を訪れた中国人は日本で何を見て、何を思うのだろうか。中国メディアの捜狐はこのほど、「自分がされたくないことは、他人にもすべきではない」という言葉を実践しているのが日本人であると論じた。

 記事は、日本を訪れたうえでの最大の感想は「きれいであり、清潔であること」だと指摘。この「きれい、清潔」だという感想は多くの中国人旅行客が抱くものだ。空気は埃っぽさがなく、窓ガラスも非常にきれいだったと指摘。確かに中国では黄砂やPM2.5の影響で窓ガラスに汚れが付着しやすい環境にある。

 続けて、日本のすごさは「清潔なことだけだろうか」、「清潔さの背後には何があるのか」、「なぜ中国は日本のように清潔な環境を造れないのか」と疑問を投げかけ、それは「中国人の公徳心がないためだ」と主張。中国人がゴミをポイ捨てするのは「汚れていることを容認できるためであり、それは魂が汚れているためだ」と主張した。

 さらに記事は、日本の地下鉄ではすべての人びとが秩序ある行動を取り、だれも話もすることなく歩いていると紹介。聞こえてくるのは「靴の音」だけであり、非常に恐ろしいとしたうえで、「日本人は何をするにも他人に迷惑をかけないことを原則としている」と指摘、中国の偉大な思想家である孔子が語ったという「自分がされたくないことは、他人にもすべきではない」という言葉を実践しているのが日本人であると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)