左:マーゴット・ロビー、中:アレクサンダー・スカルスガルド、右上:クリストフ・ヴァルツ、右下:サミュエル・L・ジャクソン

写真拡大

映画『ターザン:REBORN』が7月30日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『ターザン:REBORN』は「火星シリーズ」などで知られる小説家エドガー・ライス・バローズによるSF冒険小説「ターザン」シリーズをもとにした作品。イギリスの貴族出身だったターザンはジェーンと結ばれ、国務に携わる裕福な暮らしを送っていたが、政府の命令で貿易使節としてジャングルに戻ることになるというあらすじだ。

ターザン役を演じるのは身長194センチのアレクサンダー・スカルスガルド。ターザンの妻ジェーンはマーゴット・ロビーが演じるほか、クリストフ・ヴァルツ、サミュエル・L・ジャクソンらがキャストに名を連ねている。

メガホンを取ったのは、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』以降の同シリーズで監督を務め、新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開も控えているデヴィッド・イェーツ。また美術監督や編集といったスタッフ陣には『ハリー・ポッター』シリーズに携わった顔ぶれが揃っている。