『ヒメアノ〜ル』 ©2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会

写真拡大

映画『ヒメアノ〜ル』から予告編が公開された。

【予告編を見る】

予告編は、濱田岳演じる岡田と、ムロツヨシ演じる先輩の安藤、佐津川愛美演じるカフェ店員のユカの三角関係をコミカルに描いた前半部分と、森田剛演じる森田正一が次々と凶行に走る後半部分の2部から構成。後半では、森田が部屋に火をつける様子や、人を刺す場面、銃を構える様子など無表情で連続殺人を犯していく様が映し出されているほか、怯える岡田とユカに刃物を向けるシーンも確認できる。

なお本編でも前半と後半では異なったアプローチで制作されており、前半は固定カメラ重視の撮影や、ポップな衣装と背景を用いているのに比べ、後半ではダークな色調を採用し、手持ちのカメラワークを駆使している。吉田恵輔監督は「現場も編集も、まるで2本の作品を撮っているような感覚」と語っている。

5月28日から東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国で公開される『ヒメアノ〜ル』は、古谷実の同名漫画が原作。高校時代に過酷ないじめを受けていた過去を持ち、カフェ店員・ユカをストーキングする連続殺人鬼・森田の狂気と、恋や性に悩む岡田や安藤らの平凡な日常が交錯する様が描かれる。