デイ、この優勝で世界ランク2位に浮上した(撮影:上山敬太)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、「アーノルド・パーマー招待」で優勝したジェイソン・デイ(オーストラリア)がローリー・マキロイ(北アイルランド)をかわし、2位に浮上した。
松山、マスターズへ手ごたえ感じた6位フィニッシュ
 首位はジョーダン・スピース(米国)がキープ。その他のトップ10の選手たちに順位の変動は無かった。
 同大会で6位タイに入った松山英樹は14位から13位に浮上。日本勢の2番手は片山晋呉で75位、3番手は池田勇太で94位となっている。腰椎椎間板症でツアーを離脱中の石川遼は131位に順位を下げた。
【男子世界ランキング】
1位:ジョーダン・スピース(11.09pt)
2位:ジェイソン・デイ(10.78pt)
3位:ローリー・マキロイ(9.23pt)
4位:バッバ・ワトソン(8.94pt)
5位:リッキー・ファウラー(8.09pt)
6位:アダム・スコット(7.44pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(7.31pt)
8位:ジャスティン・ローズ(6.13pt)
9位:ダスティン・ジョンソン(5.81pt)
10位:パトリック・リード(4.91pt)
13位:松山英樹(4.58pt)
75位:片山晋呉(1.84pt)
94位:池田勇太(1.51pt)
100位:岩田寛(1.47pt)
111位:宮里優作(1.41pt)
114位:藤本佳則(1.40pt)
115位:谷原秀人(1.39pt)
131位:石川遼(1.26pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
「アーノルド・パーマー招待」のリーダーボード
最新のギア情報と試打レポートをチェック!
デイが使用するテーラーメイドのクラブ、ユーザーの評価は?