コスパも性能も高いSIMフリースマホ

写真拡大

スマートフォンなどモバイル関連製品を手がけるZTEジャパン(東京都中央区)は、SIMフリースマホ「ZTE Blade(ゼットティーイー・ブレード) V580」を2016年3月25日に発売する。

手に馴染みやすいラウンドシェイプを施した高級感のあるメタリックボディに、5.5型フルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイを搭載。64bitオクタ(8)コアプロセッサー「MT6753」(1.3GHz)、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。microSDカード(最大32GB)対応。

1300万画素メイン、500万画素サブカメラを装備する。背面の高精度指紋センサーはセキュリティのほかシャッター機能も備える。

OSは「Android 5.1」をプレインストール。nanoSIM対応のSIMカードスロット×2基(スロット2はmicroSDと共用)を搭載し、通信方式はFDD-LTE、HSPA/WCDMA、GSMに対応。IEEE 802.11 b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポートする。バッテリー容量は3000mAh。カラーはシルバー、グレーの2色。

市場想定価格は2万7800円(税別)。