日本を訪れる中国人旅行客のマナーがたびたび問題となっているが、中国人によるマナー問題が起きているのは日本に限ったことではない。中国人旅行客が数多く訪れる国ならば、すべての国で同様に起きていると言っても過言ではない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客のマナーがたびたび問題となっているが、中国人によるマナー問題が起きているのは日本に限ったことではない。中国人旅行客が数多く訪れる国ならば、すべての国で同様に起きていると言っても過言ではない。

 日本ではこれまで、コンビニエンスストアでお金を払わずに商品を食べ始め、外で食べるよう促した店員を殴った中国人旅行客がいたほか、英国では高級ファッションブランドの店舗の入口付近で子どもに大便をさせた客がいたとして大きな話題となった。また、空港では免税店での買い物が原因で離陸時間を遅らせる中国人旅行客や、機内で客室乗務員に熱湯をかける中国人旅行客など、これまでに起きたトラブルは枚挙に暇がないほどだ。

 そんな中国人旅行客がこのほど、タイでまた常識はずれの行動を見せて大きな話題となっている。中国メディアの澎湃新聞はこのほど、「中国人はビュッフェとなると、大量に食べないと損した気分になる」と伝えつつ、タイを訪れていた中国人旅行客がビュッフェで「エビ」ばかり大量に食べている様子がビデオに収められ、ネット上で大きな話題となっていることを伝えた。

 ビュッフェで1つの料理だけを食べることは特に咎められるものでもない。だが、今回、中国人旅行客は自分のテーブルにエビ料理が大量に残っているにもかかわらず、さらに皿いっぱいにエビの料理だけを大量に乗せてテーブルに運んでいた。エビばかり選んだ理由は不明だが、「大量に食べないと損した気分」になるのであれば、一般的に高価な食材であるエビを大量に食べて元を取ろうとしたのかもしれない。

 中国人旅行客のビュッフェでの様子はタイ人が撮影し、ネット上に掲載したもので、動画のアップロードからわずか21時間で31万人が動画を再生したという。

 記事はタイ人のネットユーザーからは「中国人ときたら、今までエビを食ったことがないのか」といった批判のコメントが寄せられたと紹介する一方、中国人ネットユーザーからは「中国国内ではエビは高価だからな」という意見があったことを紹介。やはり、高価なエビを大量に食べることでビュッフェ料金の元を取ろうとした可能性は排除できなそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)