画像

写真拡大 (全2枚)

 ドミノ・ピザ エンタープライズは、商業用自動運転デリバリーロボット「DRU(ドリュー)」を発表した。約20km先まで配達が可能で、購入者は注文時にメールで受け取ったコードを入力すると、商品を取り出すことができる。

 ドミノ・ピザ ジャパンの親会社であるドミノ・ピザ エンタープライズ(以下、DPE)は、商業用自動運転デリバリーロボット「Domino’s Robotic Unit」通称「DRU(ドリュー)」を発表した。DRUは、出来たてのアツアツのピザと冷たいドリンクを届けるためのキャリーボックスを装備した高さ922mm(最大約1,185mm)、車幅740mm、奥行き1,030mm、重量約190kg四輪のロボット。目的地に到着後、購入者が商品注文時にメールで受け取ったコードを入力すると、DRU上部のキャリーボックスが自動で持ち上がり、商品を取り出すことができる。

 充電バッテリーで動き、スタート地点から目的地まで最適なルートを選び歩道を走行し、現在は約20km先まで配達が可能。走行スピードは、環境の速度に合わせて制御できる。また、車内センサーで道中の障害物を特定し、必要に応じて避けられる。

 DRUは、「お客様のためになにができるのか」を追求していく中で生まれた、新しいソリューション。DPEは同ロボットにより、デリバリーの効率化の他、顧客の提供価値の向上を目指す。

 なお、既にオーストラリア・クイーンズランド州の一部エリアで試運転が行われており、今後様々なエリアでの商業利用も視野に入れられている。日本での展開については現時点では未定だが、ドミノ・ピザ ジャパンは「自動運転デリバリーロボットがアツアツのピザを直接お客様の手に届ける未来は、考えているほど遠くはないのかもしれません。」としている。

MarkeZine編集部[著]