アウディが提供するQ5の自動運転1/8スケールモデルを使って学生が自動運転のソフトウェア開発を競う「アウディ自動運転カップ2016」が開催されます。

1

このアウディ自動運転カップ2016は、3月22〜24日にドイツ インゴルシュタットにあるアウディ自動車ミュージアム(Audi museum mobile)で昨年に続く第2回目として開催され、優勝したチームには1万ユーロの賞金が授与されます。

 

第2回 アウディ自動運転カップ2016 には次の8大学チームが参加します。各大学チームのメンバーは、ほとんどが情報テクノロジーと数学を専攻するマスターコースの大学院生ということです。

・アルベルト ルードヴィッヒ大学フライブルク
・カールスルーエのFZI情報技術研究センター
・フリードリヒ=アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク / ニュルンベルク技術研究所
・ライプツィヒ応用科学大学
・インゴルシュタット応用科学大学
・ミュンヘン工科大学
・ブレーメン大学
・ヴュルツブルク大学

参加チームは競技用モデルカーを自動運転するためのアルゴリズムを開発しています。ベースとなるソフトウェアはアウディが提供したものですが、各チームの学生たちは、独自のソフトウェア開発に腕を競うことになります。

競技に使用されるアウディQ5の1/8スケールモデルは、レース用周回路で遭遇する諸条件の中で、自動運転で走行するタイムを競うことになります。

レース用周回路には、公道で実際に遭遇する条件が反映されており、そのなかでモデルカーは自動的に障害物を避け、交通標識を確認し、交差点を無事に通過して、前走車両との間では安全な車間距離も保たなければなりません。

また、対向車があるなかで安全に左折(ドイツは右側通行のため日本での右折に相当)したり、駐車したり、障害物が飛び出して急ブレーキを使う、という課題も設定されています。

学生たちが使用するブルーのAudi Q5スケールモデルに組み込まれているソフトウェアは、アウディのエンジニア陣が実際にADTF (Automotive Data and Time-Triggered Framework) の開発に使用してものとほぼ同様のものである、ということです。

競技の実行委員のひとりであるラルス・メソウ博士は「競技コースの難易度は非常に高いので、ここを上手くクリアできる工夫があれば、それを現実の交通環境で走らせるためのソフトウェア制御アルゴリズムにも活かせるはずです」と語っています。

競技用スケールモデルに備えられているセンサーは、距離測定用カラーカメラ、画像認識用の超音波センサー、モデルカーの運動を検出する加速度センサーから構成されており、各センサーからのデータはリアルタイムで、クァドコアの高速プロセッサーを備えたオンボードコンピューターに送られます。

この構成は、中央ドライバー支援コントロールユニット(zFAS)が、センサーからのデータを分析し、交通環境を演算して、その情報を車載の様々なアシスタンスシステムに送る、近未来のアウディのエレクトロニクスアーキテクチャーと同様の仕組みになっています。

アウディ自動運転カップに参加する学生には、アウディへの就職につながるアウディとのコンタクトの機会が与えられ、アウディは学生たちに対し、インターンシップのほかにも、魅力的な交流の機会を提供しています。

アウディ自動運転カップ2016 の決勝は、3月24日午前9時(現地時間)からドイツインゴルシュタットのアウディフォーラムで開催され、その様子はウェブサイトで公開されています。

(山内 博・画像:アウディ)

アウディ自動運転カップ2016で学生がソフトウェア開発を競う!(http://clicccar.com/2016/03/22/361406/)