画像

写真拡大 (全3枚)

 プレイドは、同社提供のウェブ接客プラットフォーム「KARTE」の新機能として、サイト内だけでなくサイト外の顧客とLINEやプッシュ通知の配信を可能にする「KARTE TALK」の提供を3月17日より開始した。

 プレイドは、同社提供のウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の新機能として、サイト内だけでなくサイト外の顧客とのコミュニケーションを可能にする「KARTE TALK(カルテトーク)」の提供を3月17日より開始した。

 「KARTE」は、来訪者の特徴や⾏動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。これまで、同サービスではウェブサイト上に表示する「ポップアップメッセージ」を唯一の接客手段として提供してきたが、新たに「KARTE TALK」として拡充した。

 「KARTE TALK」では、2015年5月にリリースした「KARTE」上からLINEへのコミュニケーションを可能にする「CLINE by KARTE」に加え、ウェブサイト上のチャットやメール、Facebook通知など6つのコミュニケーションに関するプラグインを提供する。

 これにより、メールやプッシュ通知などを利用したサイト外の顧客とのコミュニケーション手段が豊富になる。また、これらの異なるコミュニケーションを1つのタイムラインで一元管理することができ、より円滑なコミュニケーションが実現可能だ。

 また、事前に許可を得た来訪者を特徴で絞り込んだうえでコミュニケーション手段を選択し、入力したメッセージをすぐに一括送信できるほか、一人単位でメッセージを送信することも可能だ。

MarkeZine編集部[著]