マツコ・デラックス

写真拡大

21日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)でマツコ・デラックスが、清原和博被告の周辺を取り巻く報道陣を、痛烈に批判する一幕があった。

番組では「朝刊&地方紙ベスト8」のコーナーで「焼き肉弁当」と題し、スポーツ報知の記事を取り上げた。記事によると、覚せい剤取締法違反で起訴され、17日の保釈後は千葉県松戸市内の病院で療養中の清原被告が、報道陣に対して焼き肉弁当30個を差し入れしたのだという。

この記事について、司会のふかわりょうは「みなさんが召し上がったわけじゃなさそうですけども…」と、マツコにコメントを求めた。

するとマツコは「そりゃちょっと食べていいもんかどうか躊躇するのはわかる」と理解を示した一方で、受け取った弁当を地面にそのまま置き、中身の撮影などをしていた報道陣に対し「ビニール袋(に入った)ままのやつをボンって(地面に)置いて」「民度の低い記者たちだなと思った」と厳しく非難した。

続けてマツコは「食べ物を地べたに置いて…どうせ相手が被告なんだからって」「あれがそうじゃない差し入れだったらあんな撮り方は絶対しないじゃん。スゴい嫌な画だった」と嫌悪感を露わに。

マツコは「食べる食べないは自由だし、どう思ってても自由」としつつも「一応食べ物なんだからちょっと布引いた上に置くとか、テーブルの上に置くとかして撮ればいいのに」「あんなに人数いてみんなバカなのかなって思った」と痛烈批判。

マツコの勢いは止まらず、その後も「見てて悲しくなってきた」「クソ野郎ばっかりよ、本当にもう」と吐き捨てていた。

【関連記事】
マツコ・デラックス 森喜朗氏の発言に愕然「まともな人なら言わない」
マツコ・デラックスが音ゲー達人の神技にドン引き 「ムリ…」「怖い」
ミッツ・マングローブの愛車炎上の過去をマツコ・デラックスが明かす