20日、米共和党予備選で躍進を続けるドナルド・トランプ氏だが、女性の不支持率は50%を超えている。

写真拡大

2016年3月20日、環球網によると、米共和党予備選で躍進を続けるドナルド・トランプ氏だが、女性の不支持率は50%を超えている。

米華字紙・僑報によると、ロイター通信が実施した米大統領選に関する世論調査で驚くべき結果が明らかになった。世論調査は3月1日から15日にかけて5400人を対象に実施された。米共和党予備選で躍進を続けるドナルド・トランプ氏だが、女性の不支持率は50%を超えている。昨年10月の40%から10ポイント以上も上昇した。

主な原因となったのがフォックスニュースの女性キャスター、メーギン・ケリー氏に対する威圧的な態度だという。トランプ氏とケリー氏の確執は数カ月にわたり、トランプ氏は「(彼女に対する)尊敬の念を持たない」とも発言している。また、移民排斥の姿勢も女性の支持率を下げる要因となった。米国の女性人口は男性人口を上回っているほか、投票率も1996年以降一貫して男性を上回っている。(翻訳・編集/増田聡太郎)