20日、中国政府は、望まぬ妊娠を減らすことや、エイズなどの感染症の拡大防止を目的として、全国13の都市でコンドームの無料配布機を試験的に設置している。内モンゴル工業大学にも3日前に配布機が設置されたが、利用者はまだいない。

写真拡大

2016年3月20日、中国政府は、望まぬ妊娠を減らすことや、エイズなどの感染症の拡大防止を目的として、全国13の都市でコンドームの無料配布機を試験的に設置している。内モンゴル自治区フフホト市にある内モンゴル工業大学にも3日前に配布機が設置されたが、利用者はまだいない。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

コンドームを受け取るには配布機に学生証を読み込ませる。1人が受け取れるのは1カ月に1回(1箱10個入り)まで。

無料配布機の設置について、父兄などからは「学生の性行為を黙認することになる」と反対の声も出ている。記事によると、学生の間では「いいことだと思う。あえて避けることはない」「女性を守るものだから賛成。付き合っている男性はいないけど」などとおおむね好評だ。(翻訳・編集/柳川)