4名が選出され激化するポジション争いについてGK西川周作「全員でレベルアップできれば」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は21日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、24日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦に向けたトレーニングをスタートさせた。

▽初日の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたGK西川周作(浦和レッズ)が、激化するポジション争いについて語った。

◆GK西川周作(浦和レッズ)

──今回は川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド)がメンバーに復帰したが

「非常に経験のある選手ですし、今回はGKが4人呼ばれているので、全員で競争し合って、全員でレベルアップできればなと思います」

──ポジションを譲る気はないか

「誰もが出たい場所ですし、選ばれるだけではなく、全員が出たい気持ちがあると思います。僕自身もしっかりと準備を続けることで、チャンスが来た時にアピールしていきたいですし、どういったプレーをしたら良いのかを自分で整理しながら、しっかりやっていきたいと思います」

──W杯予選では無失点が続いていますが、そういった意味でも出たい気持ちが強いですか

「続けて無失点で抑えていきたいという気持ちはありますし、相手がどこであってもピンチというのは90分間の中で起こるので、その1回のために準備を続けていきたいと思います」

──ライバルである選手とのギャップを作るとしたらどこか

「ビルドアップの面だったりは自分が日頃やっていることです。チームのコンセプトとしてできない場合は、シンプルに前線に送るということは頭にあります。代表ではリスクを負わないということは監督からも言われていますが、場合によってはかいくぐっていく必要があると思うので、状況を見ながら使い分けていきたいと思います」