18日、タンザニアの地方裁判所は、密猟および象牙の違法取引の罪に問われた中国人のシュー・フージエ、ホアン・ジンの両被告にそれぞれ、懲役30年、罰金543億タンザニア・シリング(約27億6000万円)の判決を言い渡した。写真はタンザニア。

写真拡大

2016年3月18日、タンザニアの地方裁判所は、密猟および象牙の違法取引の罪に問われた中国人のシュー・フージエ(31)、ホアン・ジン(51)の両被告にそれぞれ、懲役30年、罰金543億タンザニア・シリング(約27億6000万円)の判決を言い渡した。20日付で中国・環球網が伝えた。

地元メディアのThe Citizenによると、両被告は象牙706本(約2億7000万円相当)を違法に所持していたとして13年11月に逮捕された。象牙密輸に対する罰金額としては同国で過去最高だという。(翻訳・編集/柳川)