代表で求められるのは結果=ゴール。岡崎自身も、それを理解している。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 所属するレスターではプレミアリーグの優勝争いの渦中にいる。心身ともに充実しているのは間違いないが、クラブと代表は割り切って考えている。
 
「代表はまた違う場所だと思っている。いつもどおり、結果を出しに来ている」
 
 今回の招集メンバーを見渡せば、CFのライバルには、金崎やハーフナーがいる。レギュラー争いに関しては次のように強い意気込みを語る。
 
「個人的には、自分がそのポジションを取りたいし、単純に“結果勝負”だと思っているので。自分の存在を結果で見せないといけない。誰にも負けたくない」
 
 レスターでは、持ち前の運動量を武器に、精力的な守備でも高い貢献度を示している。そんな岡崎に対して、ハリルホジッチ監督は「守備的MF、もしくはCBだ」とジョークを飛ばすが、「代表では、レスターとはまったく違う役割を要求する」とし、「ゴールを取ってほしい」とリクエストする。
 
 ハリルジャパンで課せられる役割と、岡崎自身が求めるものは一致する。ゴールという“結果”をただ追求するだけだ。
 
 クラブと代表で要求されるプレースタイルは異なるかもしれない。それでも、“ミラクルレスター”と言われるクラブでの貴重な経験を代表に活かさない手はない。脅威の躍進を見せているレスターで、岡崎が気付いたこととは?
 
「一言でいえば、型にハマるようなプレーをしていたら勝てない。かといって、規律を守るところは全員が守らなければならない。でもやっぱり、結果を出すような選手は、ある意味、“ぶっ飛んでいる”じゃないけど、そこまでドリブルするのかとか。言われていることだけをやっていたら、今、この順位にいないと思う」
 
 チームを高みに導くため、貪欲にゴールを欲する岡崎の予想を裏切る“ぶっ飛んだ”パフォーマンスが楽しみだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)