プレミア制覇に突き進む岡崎に感嘆する麻也「尋常じゃない」

写真拡大

 同じプレミアリーグでプレーしているからこそ、その意味は痛切に理解している。プレミアリーグで首位を走るレスター・シティのFW岡崎慎司について聞かれたDF吉田麻也(サウサンプトン)は「やっていることは尋常じゃないと思う」と率直な感想を口にした。

「これで本当に優勝したら、次にいつ同じ結果を残せる選手が出てくるか分からない。(メディアで)もっと取り上げられてもいいと思う。岡崎選手のキャラクターなんですかね」

 世界最高峰のリーグで奇跡の初優勝が現実味を帯びてきたレスター。まさに世界的な歴史的快挙に突き進むクラブで日本人選手がスタメンを張りながら、日本国内ではその価値が十分に伝えられていないのではないかと吉田は危惧していた。

 14日のニューカッスル戦(1-0)で岡崎がバイシクルシュートを決めたときの英国メディアの過熱報道は「すごかった」という。テレビでも新聞でも大々的に取り上げられ、吉田自身もサウサンプトンのチームメイトからその話題を出されたほどだった。

「チームの勢いにインスパイアされて、(岡崎の)キレもかなり出てきている。本人が気づいているかは分からないけど」。外から見る岡崎のプレーをそう評する吉田は「レスターは今、世界中が注目しているクラブ。プレッシャーはものすごいと思う。本人がああいう性格なので、あまり感じていないみたいだけど……」と苦笑いしていた。

(取材・文 西山紘平)
●ロシアW杯アジア2次予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧