左から中川翼、鈴木梨央、石田ゆり子、藤原竜也、有村架純、及川光博、平川雄一朗監督

写真拡大

映画『僕だけがいない街』の初日舞台挨拶が3月19日に新宿ピカデリーで行われ、主演の藤原竜也をはじめ、有村架純、及川光博、鈴木梨央、中川翼、石田ゆり子、平川雄一朗監督が登壇した。

有村架純が地元関西で舞台挨拶。関西弁での挨拶に恥ずかしい…/『僕だけがいない街』大阪舞台挨拶

本作は、売れないマンガ家で、ピザ屋の配達のアルバイトをしている藤沼悟が、【時空移動=タイムリープ】する特殊な現象“再上映(リバイバル)”により、気持ちはそのまま、小学生だった18年前にさかのぼり、当時、起こった事件解決に挑むミステリー。

この日も舞台挨拶前まで雨が降っていたことに、登壇者から「藤原さんが雨男なので、やっぱり!と思いましたが雨がやんで良かったです」(石田)、「やっぱり竜也は雨男ですね(笑)」(平川監督)などと雨男疑惑をかけられた藤原は「そういえば雨で3日くらい撮影ができない時があって、自宅で待機なんて“楽だな”なんて思っていたら後半になるにつれスケジュールが厳しくなっていって、石田さんとのシーンなんて普通は撮影が中止になるような台風が直撃した日にやりましたよ(笑)」と話した。

有村は、演じた愛梨役について「すごく難しくて、監督と話し合いながら作り上げていきました。人の心に入り込むことができる役柄で、悟への好奇心で近づいていくのが、うっとおしく見えないように心がけました」と役作りへのこだわりを吐露。

石田は「藤原さんの母親役というのがはじめは腑に落ちなかったけど(笑)、翼君のお母さんでもあり、原作で素敵に描かれている役だったので、演じられて幸せだったし、楽しかった」とコメント。及川は子役と一緒の現場が多かったことについて「同業者でライバルだと思ってやっていました(笑)。翼とはお芝居のことも良く話したし、梨央ちゃんは言うことがないくらいすごい! 人生設計も完璧で先輩について行きます!」と話し会場を沸かせた。

また、司会から何か裏話がなかったかと聞かれると、有村が「先日取材の際に藤原さんに私の似顔絵を描いていただいたんですけど、すごく独特で…」とコメント。藤原も「マンガ家志望の役なので」と答え、司会に促されその場で映画のポスターを描くことに挑戦。だが、完成したポスターが披露されると、あまりの独特さに場内も微妙なリアクションに。司会から感想を尋ねられた中川は、言葉に詰まりながらも「じょ、上手だと思います。僕は本当にこんな絵描けない…」と回答。梨央も「上手です」、石田も「上手だと思います」と続けたが、及川が「駄目だと思うよ」と一刀両断。立ち位置すらも逆に描いてしまった藤原に突っ込みを入れていた。

【関連記事】
藤原竜也、過去に戻れるならバッグを盗んだやつをとっ捕まえてやりたい!/『僕だけがいない街』名古屋舞台挨拶
[動画]映画『僕だけがいない街』予告編
藤原竜也、映画『僕だけがいない街』で有村架純と初共演「非常に楽しみ」
[動画]藤原竜也が絶叫!/映画『僕だけがいない街』メイキング映像