吉行和子(左)と橋爪功(右)

写真拡大

『男はつらいよ』シリーズ終了以来、20年ぶりに山田洋次監督が本格喜劇に挑戦した『家族はつらいよ』。3月12日に封切りとなったこの映画が主婦層・中高年夫婦の支持を受け、観客動員50万人を突破。これを受け、3月20日に109シネマズ二子玉川で橋爪功と吉行和子が大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。

吉行和子、橋爪功に「永遠の愛」とチューリップ贈られ「口が上手いわね」と笑顔

橋爪は「今日は道が混んでいて舞台挨拶に間に合わなくなるからと電車に乗ってやってきました。吉行さんと2人でハイキング気分です」と挨拶。吉行が「遠足気分でシルバーシートに座らせていただきました。また色んな思い出ができてしまったわ(笑)」と続け、場内を沸かせた。

作品について橋爪は「喜劇なので演じるのは難しかったけれど、リズム感や空気感がさすがに山田監督上手いなぁと感心しました。家族会議のシーンは台本15、6ページがワンシーンだったので、絶望的な気分になりました。マイペースな8人で何が監督に怒られるかビクビクしていました」と語ると、吉行も「カットがかかった後で、山田監督がふっと無表情になって何を考えているのか分からない時があるんです。ダメならダメとすぐ言っていただいた方が、気が楽ですよ(笑)」と撮影裏話を披露。

また、撮影中一番の問題児は犬のトトだったそうで、橋爪は「3日間かけて撮り直したシーンで、監督が中々OKを出さなかったから、妻夫木君と2人でトトが悪いってことにしようと画策した」ことや、吉行のセリフが終わった後にトトが走りだすシーンでタイミングが上手くあわず、何度もやり直しになったこと明かし、会場は大笑い。結局、自身が出演したシーンはカットされていたと言う吉行は「トトは何を言っても知らん顔だから私が怒られているみたい。でも、映画を見たら可愛いからしゃくにさわるわ」と言って場内を和ませた。

今回が5度目の夫婦役になるという2人。互いの良いところを尋ねると吉行は「これだけ一緒にやっているのに謎の男で分からないことがたくさんあるのは感心します。あと足が白くて毛もあまり生えていなくてキレイなんです」とコメント。これに橋爪は「秘密主義なんですよ」と照れを隠しながら、吉行については「スタンスがぶれなくて色っぽい、底が割れないという感じかな」と感想を述べていた。

【関連記事】
山田洋次監督『男はつらいよ』終了以来20年ぶりに本格喜劇に挑戦!
[動画]映画『家族はつらいよ』予告編
山田洋次監督作『東京家族』が、小津監督の『東京物語』と共にベルリン映画祭で上映
[動画]山田洋次監督、「寅さん」の新作に意欲