『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』ポスタービジュアル (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

写真拡大

鈴木亮平主演で実写映画化され、まさかのスマッシュヒットとなった『HK/変態仮面』。この映画の続編『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の主題歌がCTS「WAVINESS feat.南波志帆」に決定し、予告編と本ポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』予告編

解禁となった予告編は、東京中にパンティが舞うシーンからスタート。そうした中、狂介(鈴木亮平)は相変わらず愛子(清水冨美加)のパンティを被って悪を倒していたが、ある日、複雑な想いを抱く愛子から「私のパンティを返して」と言われる。「俺が変態仮面だと、愛子ちゃんをまた危険な目に会わせるだけだ」と自分を納得させた狂介だったが、再び愛子が敵に捕らわれてしまう。

これに対し、「禁断のエクスタシー!」「フォオオオオオ!」などお馴染みのセリフとともに禁断の再起動を遂げた狂介は変態仮面として活躍。「私をさらに強い変態にしてください!」と頼み込むと、「死んじゃイヤー」と愛子が叫ぶ中、「誰でもいいんじゃない。君のじゃなきゃダメなんだ!愛子ちゃん!」と、その本音をぶちまける。

また主題歌を、前作のMAN WITH A MISSIONに続き、“未来人”3人で構成されるLED覆面ユニットCTSと、“マジック・ヴォイス”の南波志帆というアブノーマルなコラボが担当する。

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は5月14日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
台湾でも大ヒットの『HK/変態仮面』、アジア映画としてはトップの興行ランキングに
『HK/変態仮面』が初日! 女性客の多さに監督も喜び!
小栗旬の呼びかけで究極のヒーロー「変態仮面」を映画化! 小栗は脚本にも協力
[動画]『HK/変態仮面』予告編