3月13日の名古屋ウィメンズマラソンを最後に、男女すべてのリオデジャネイロ五輪代表選考レースが終わった。男子は2時間06分30秒、女子は2時間22分30秒という設定記録が設けられた今回の選考だったが、男子は期待された東京マラソンの不発で、設定記録を突破する者がひとりも出ないという中での選考となった。

 男子代表は、昨年12月の福岡国際マラソンで、大会連覇を果たしたパトリック・マカウ(ケニア)に38秒差の2時間08分56秒で日本人トップの3位になった佐々木悟(旭化成)。最後のびわ湖毎日マラソンで2時間09分16秒ながら、優勝したルーカス・ロティッチ(ケニア)に5秒差で2位になった北島寿典(安川電機)。そして、同レースで2時間09分25秒の日本人2位になった石川末廣(ホンダ)に決定した。

 一方の女子は、昨年の世界選手権7位の伊藤舞(大塚製薬)が内定しており、1月の大阪国際女子マラソンを2時間22分17秒で制した福士加代子(ワコール)と、最後の名古屋を小原伶との大接戦の末に1秒差の2時間23分19秒で2位(日本人1位)になった田中智美(第一生命)がすんなりと残り2枠の代表に決まった。

 しかし、リオ五輪で世界と戦えるかとなると、男女ともまだまだ厳しい状況だ。ペースメーカーがいない世界大会のマラソンは男女とも、暑い夏であることもあって前半はスローペースで進むことがほとんど。特に男子はその間も細かな揺さぶり合いで、体力を消耗させられ、30km過ぎからは強烈なスパート合戦になる展開が予想される。その中で、2時間8分〜9分台がベスト記録である日本勢は、まだまだ力不足だろう。これまでも30kmからのスピードが劣り、対応できないというレースがほとんどだからだ。

 優勝を争うためには、終盤に粘りを見せる走りが必要になる。あえて可能性を探るとすれば、まだマラソン経験は3回目ながら、2時間12分台で昨年の延岡西日本マラソンとシドニーマラソンを優勝し、今年3月のびわ湖でも日本人トップの2位と安定している北島が、まだ底を見せていないという意味でも期待できるひとりだろう。

 また、石川も自己ベストは13年びわ湖の2時間09分10秒だが、初マラソンだった12年の同大会を2時間11分13秒で走って以来、大外しのレースがない。13年以降の自身3回目から6回目のマラソンでは2時間10分台が1度で、ほかは2時間09分台と安定しているという強みがあり、入賞ラインに食い込む可能性は持っているだろう。あとは本番にどこまでピークを合わせられるかがカギになる。

 女子は、昨年の世界ランキングで比較すると、福士の記録が10位相当で、田中は16位相当となっている。女子の場合も、名古屋で優勝したユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が、ペースメーカーがいなくなった30km以降を16分24秒、16分46秒に上げて逃げ切ったように、トップ選手は後半の強さが際立っている。

 第一生命の山下佐知子監督は「現時点の安定感を考えれば、名古屋を連覇して14年アジア大会でも優勝しているキルワと、14年、15年ニューヨークシティマラソンを連覇して今季のアボット・ワールドマラソンメジャーズの優勝者になったメアリー・ケイタニー(ケニア)が双璧だと思うから、あそこでキルワについていけるようだったら十分に世界とも戦える」と語る。

 教え子の田中の名古屋での走りについては、30kmからの5kmを16分37秒にして粘りながらも、そこからの5kmでそのスピードを維持できずに17分16秒まで落としていたことを残念がっていた。この課題をクリアできるようになれば、厳しいとはいえメダル争いに加わることができるようにもなる。

 また、大阪でやっとマラソンへの大きな手応えをつかんだ福士の場合は、10000m30分51秒81のスピードを持っているだけに、体力や精神力の消耗を少なくして走れるかによって前半のスローペースを走ることができれば、終盤のスパート合戦に対応できる可能性が見えてくる。男子に比べれば、まだメダルのチャンスはわずかながらも見える状況だ。

 ただ、女子の場合は思わぬ展開のレースになることもある。たとえば、13年の世界選手権ではヴァレリア・ストラーネオ(イタリア)が前半から積極的に集団を引っ張ることで集団の人数を絞り、エドナ・キプラガト(ケニア)には敗れながらも自身は銀メダルを獲得するレースを作り出した。

 それに習い、日本勢も少し早めのペースを意識して、3人で積極的にレースを支配するという戦略も立てられる。

 個の力で戦うのが難しいのならば、チームとして戦いを試みるのもひとつの方法だ。選手によってで調整法は違うだろうが、代表に決まった以上はナショナルチームとしての結束力を強化し、集団で戦うための戦術を練って、それを本番で駆使しながらメダル獲得の可能性を高めるというのも有効な戦略ではないだろうか。

 本番まであと5カ月。マラソン日本復活への足掛かりをつかむためにも、思い切ってさまざまな可能性を探ってほしい。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi