U−23日本代表を率いる手倉森誠監督がポルトガル遠征(3月21日〜30日)のメンバーを発表しているとき、オランダは朝......。ファン・ウェルメスケルケン・際(さい)は、まだ寝ていた。いったん起きてからスカイプを立ち上げると、親から記者会見の模様の動画が貼りつけられてあり、自分がメンバー入りしたことを確認すると、「ああ、よかった」と思ってから、ふたたびベッドのなかへ潜り込んだ。

 際は、オランダ人の父と日本人の母との間に生まれた。その名前には、「国際的な子に育ってほしい」という親の願いがこもっている。オランダ南部の町・マーストリヒトで生まれた際は、2歳のときに一家揃って日本へと移り、高校卒業までは日本の学校に通いながらサッカーをしていた。

 12歳の夏、「自分の生まれた国を一度、見ておきなさい」という親の勧めで、際はオランダの親戚の家にホームステイし、NECとドルトレヒトの練習にも参加した。それまで日本で、ブラジルスタイルの個人技を磨くサッカーを教わってきた際にとって、オランダのパスワークのサッカーは新鮮で、「日本に帰りたくない!」とすら思ったほど、オランダサッカーの虜(とりこ)になった。これが、際のサッカー人生の原体験となっている。

 中学、高校は山梨県内屈指の進学校・甲陵(こうりょう)へ進んだ。文武両道の校風は、毎年1回行なわれる35kmマラソンに表れている。スタートから13kmはずっと登りの難コース。これを際は2時間20分で走り切り、同級生は「際くんは涼しい顔をして走っていた」と述懐する。さらに際はヴァンフォーレ甲府のユースに入団したため、毎日長距離の移動をこなしながら、勉強とサッカーを両立し続けた。

 やがて、進路の問題が浮上する。際の希望は、12歳のときの思い出が強烈なオランダへ渡って、プロサッカー選手になることだった。しかし親からは、「何を言ってるの!」という強烈な反対を受けてしまい、際はスポーツの世界では国内最高レベルにある国立大学進学を決意する。

 だが、センター試験で英語のテストを受けているとき、自分がマークシートの記入ミスを犯していることに気がついた。「『大学に行くならトップの学校にしか行かない』と親にも宣言していた」という際は、滑り止めも受けず、浪人をする気もなかった。結局、センター試験に失敗したことで、「それならオランダへ行って、頑張ってきなさい」と、親もこころよく送り出してくれたという。

 だから今、際は親と、「人生は不思議だね」と話している。際は12歳のころ、ナショナルトレセンに参加したことはあったが、年代別・日本代表に選ばれることはなかった。山梨県内では「有望なタレント」として知られていたが、全国的には無名の選手だった。しかし、センター試験に失敗したことによって、オランダでプロサッカー選手になるチャンスを掴み、しっかりそれを活かしてU−23日本代表メンバーに選ばれたのだ。

 人生に"もし"という言葉はないというが、それでも、もし際がセンター試験でうまくいき、無事に第一志望の大学へと進学していたら......。「僕のメンタルは甘かったから、日本の大学に進んでいたら、おそらく選手として潰れていたでしょうね」と、際は思うのであった。

 しかも、オランダへ来てサッカー選手になってみたら、FIFPro(国際プロサッカー選手会)が提携するデンマークの通信大学でスポーツマネジメントを学ぶことができた。高校時代の同級生が日本の大学であまり勉強せずに日々過ごしていることを聞くと、「俺、オランダでプロサッカー選手になれているし、質の高い授業も受けているし、最高の選択ができたんじゃないか」と思えてくるのである。

 オランダに来てからの2年間、入団したドルトレヒトと際との契約は、「アマチュア」だった。だから、生活は親からの仕送りに頼っていた。

「今はプロになり、試合の間近しか炭水化物を摂らず、体脂肪率も7%ですが、アマチュアのころは食費を月100ユーロに抑えていたので、どうしても安い食材、つまり炭水化物に頼らざるを得ず、太っていたわけではないですが、身体が重く感じていましたね」

 この間、際はオランダ人相手に主張することを覚えた。また、人間としてもたくましくなり、FWからサイドバックへコンバートしたことで首脳陣から実力を認められ、3シーズン目の今季、プロ契約を勝ち取ったのだ。

 今季、開幕序盤から指揮を執るハリー・ファン・デン・ハム監督は、際がオランダに来たころもドルトレヒトを率いていた。際は、「ファン・デン・ハム監督にはトラウマがあるんです」とこぼしたことがある。

 ドルトレヒトと契約した最初、際の実力をチェックして、「君はまずリザーブチームに行って、オランダのサッカーに慣れること。そしてフィジカルを作ること」と通告したのが、ファン・デン・ハム監督だった。しかし、今季からドルトレヒトに復帰したファン・デン・ハム監督は際の成長ぶりを見て、「君の成長はサプライズだ」と驚き、やがて際のポリバレント性に気づき、右サイドバック、左サイドバック、アンカー、攻撃的MF、左サイドハーフ、右ウイングと、さまざまなポジションで起用するようになったのである。最近では、左サイドハーフでプレーした次の試合でサイドバックをこなした。

「今、ドルトレヒトは調子が良くないから(オランダ2部・19チーム中16位/3月14日時点)、監督もシステムを変更したり、メンバーを変えたりと、いろいろやらないといけない。その策のひとつとして、監督は僕のポジションを変えてくる」

 日本でも、オランダでも、無名だったフットボーラーが、U−23日本代表としてリオ五輪出場を狙えるチャンスを得た。

「僕のポリバレント性を見出してくれたファン・デン・ハム監督に感謝。ヴァンフォーレ甲府、(かつて所属していた)八ヶ岳グランデの関係者にも感謝。何より、僕をこころよくオランダへ送り出してくれた、両親に感謝です」

 ここで、際の話を初めて聞いたときからずっと思っていたことを、ぶつけてみた。

「本当に失礼な質問をするのを許してほしいんだけど、もしかしたら際選手は、オランダに行くためにマークシートを故意に失敗したんじゃないの? やっぱり君がマークシートを失敗するとは思えないんだけど......」

 際は豪快に笑ってから、「このことはふたつストーリーが考えられます」と応える。「詐欺に会うのは、『絶対、自分は詐欺に遭わないと思い込んでいる人』って言うじゃないですか。マークシートの失敗も、それと同じかもしれません。もうひとつ、(オランダに行きたいから)無意識にマークシートでミスをやらかした可能性は......ありえます」と言い、ふたたび笑い転げた。

「僕は1日中、サッカーのことばかり考えていると、煮詰まってしまうタイプ。だから、大学の勉強は気分転換になる。文武両道の姿勢は崩したくない」と語る、模範生のようなプロフットボーラー。今後もファン・ウェルメスケルケン・際のチャレンジに期待したい。

中田徹●取材・文 text by Nakata Toru