台湾各地で雨降りやすく  気温は前日より1〜2度低下

写真拡大

(台北 21日 中央社)中央気象局によると、21日は中国大陸の華南地方から流れ込む湿った空気の影響で、台湾全土で一時的に雨が降る見込み。北部と中部は比較的強い雨となり、雨が降る時間も長くなるとみられ、気象局は外出の際は雨具を携行するよう呼び掛けている。

各地の日中の予想気温は、台北19〜20度、台中19〜20度、高雄23〜25度、宜蘭18〜19度など。前日より1〜2度下がるとみられている。

24日には大陸からの寒気団の影響で、気温が再びぐっと下がる見込み。最低気温は北部11度、中部13度、南部15度などと予想されている。

(編集:名切千絵)