米国の7歳男児が自分を撃ち死亡 拳銃を玩具と勘違いか

ざっくり言うと

  • 米国シカゴ市内の住宅で20日、7歳の男児が自分に向けて銃を発砲し死亡した
  • 地元メディアによると、拳銃を玩具と勘違いして撃った可能性があるという
  • 同国では子どもが銃を誤って発砲し、死傷する事故が後を絶たない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング