あなたはどっち? 欲しいものがあったらすぐに買う? 買わない? 75%の女性は……

写真拡大

買い物に行ったのに、心を動かすものに出会えない場合がありますよね。その反対に、買おうと思っていなかったのに「コレだ!」というものと運命の出会いをすることも。欲しい商品を見つけたら、買うのを即決? それとも悩む? 働く女性に聞いてみました。

Q.欲しいものがあった時、あなたはその場ですぐ買いますか? それとも一旦帰って考えますか?

すぐに買う……101人(24.8%)
帰って考える……306人(75.1%)

ひとまず帰って考える人が、全体の4分の3も! みなさん、わりと慎重派なのですね。続いて、買い物によって得したことや損したことを聞いてみました。

■雰囲気に流されない

・「一度欲しいと思っても、店を出て考えると大したものでは無かった事が多いので、余計なものを買わなくて良くなった事が圧倒的に多い」(34歳/その他)

・「友達に勧められたコスメ。結局使わずにいます」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「普段使わないものは、これをきっかけに使おう! と思って買っても結局使わない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ショッピングをしているとテンションが上がってきて、なんでも欲しくなっちゃうんですよね。その勢いで買ってしまって、家に帰ってから後悔……。ああ、なんでこれを買っちゃったんだろう?

■比較検討してみたら……

・「店舗で買わずにネットで調べたところもっと安く買えた」(31歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「その場で即決せずにセールを狙って行ったら、定価の70%オフで買えました」(28歳/その他)

・「引っ越し業者を決める際に即決しなかったことで、数日後にかなり安く引っ越しがお願いできる業者を見つけました」(25歳/医療・福祉)

こっちの方が安かったじゃん! なんて、買ってから見つけてもあとの祭り。まったく同じ製品なのに、店舗によってちがう値段がついていたりするわけですから。高く買うのはもったいない!

■イメージしてみよう

・「家電製品やインテリアの購入で、店頭で見るだけでは自分の家に置いてみた時のイメージや、実際の使い勝手などが分からない」(33歳/その他)

・「カバンを買ったんだけど、持ってる服で、合う服がなかった」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

店頭では丁度いい大きさに見えたインテリアも、実際に家に置いてみると……。あれれ? 洋服やカバンなども、お店の照明の下だとステキに見えるけど、ちょっと派手かも? その場で具体的にイメージできないこともあるので気をつけましょう。

■評判を聞いてから

・「家電とかは口コミを聞いての購入だからほとんど失敗はなし」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「じっくり考えてネットを見てからだと失敗例がない」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

実際に購入した人の声が聞けるのはうれしいですよね。お店の人からは得られないような生の情報はとても貴重。星が何個ついているのか、わりと気になってしまいます。とはいえ、その製品をどう感じるかは個人差がありますけどね。

■即断即決!

・「買うか悩むものはいらないもの。欲しいものは買う」(23歳/その他/販売職・サービス系)

・「買い物をしていて欲しいと思うものにあまり出会わないので出会ったときは買う」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「海外旅行中に出会ったバッグや財布は、二度と会えないと思うし思い出も兼ねているから、購入してよかった」(31歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

そもそもあまり物欲がない人は、欲しいものに遭遇すること自体がまれですよね。せっかくいいものに出会えたんだから、チャンスをつかまないと! 旅行中など、何度も足を運べない場所での買い物は決断力が試されます。

■まとめ

アラブの石油王の妻になったら、「この店にある商品、ぜんぶちょうだい」なんて言ってみたい……なーんて妄想したりして。でも、ちょっとした商品を買って損したり得したりしている今のささやかな生活が、幸せで充実していたりするんですよね。

(相羽亜季実/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数409件(22〜34歳の働く女性)

※画像はイメージです