香ばしく炙った牛カルビと、すりおろした野菜などが入った特製だれは絶妙な旨さ「炙り焼 牛カルビ重」(530円)

写真拡大

ファミリーマートは、炙り焼製法で調理することによって、こんがり焼き目はもちろん、ふくよかな香りと食欲をそそる香ばしさを実現した弁当3種類を3月22日(火)から北海道を除く全国の店舗にて発売する。

【写真を見る】豚ロース肉を高温で炙ることで食欲をそそる香ばしさがアップ。ファミマから炙り焼シリーズ「炙り焼 帯広風豚丼」(498円)発売

今回発売される“炙り焼”シリーズは、肉を直火で調理する炙り焼の調理設備を導入することで、素材に合わせた焼き加減が可能となり、始めはじっくりオーブンで火を通し、最後に直火で短時間炙る工程にして、素材の中は柔らかく、見た目もよい焼き目に仕上げている。

■ 「炙り焼 牛カルビ重」(530円)

赤身、脂のバランスの良い牛バラ肉を、低温で加熱した後に高温で炙り、2段階の焼き上げで香ばしさがアップ。すりおろした野菜などを配合したこだわりの特製だれで仕立てている。

■ 「炙り焼 帯広風豚丼」(498円)

じっくり火を通した後に高温で炙り、2段階で焼き上げることで香ばしさを引き出した豚ロース肉を使用。帯広風に甘辛いたれで仕上げている。

■ 「炙り焼 ねぎ塩チキン」(498円)

塩麹で漬けこんだ鶏モモ肉を、じっくり火を通してから、高温で炙って2段階で焼き上げ、肉の中心は柔らかく、周りが香ばしい、あっさりとした塩味に仕上げている。

なお、この“炙り焼”シリーズ弁当は、3月22日(火)から3月28日(月)までの期間限定で、お買い得セールを実施し、上記3品が50円引き(ファミマTカード会員は60円引き)となる。このお得な機会に、牛、豚、鶏の“炙り焼”弁当を食べ比べてみてはいかが。【東京ウォーカー】