「最近は下側に『オプションバリア』(オプション取引をする投資家が仕掛ける大量注文)が観測されることも増えている。それはユーロ/円の下落を市場が織り込み始めているということ。オプションバリアが設定された方向に動きやすいので期待できます。でも、僕がもっと期待しているのが貴金属。今年一番儲かっているのも、実はFXではなく金なんです」

 自称・雑食トレーダーのひろぴー氏。過去に原油で苦杯を舐めたCFDを再開。株価指数や原油、貴金属などをトレードしている。

「FXで勝てるようになったらCFDでも勝てちゃったんですよね。僕にとっては日経平均も原油も通貨ペアの一つに見える。日経平均/円、原油/米ドルとして見ているだけで、分析方法は同じです」

◆金や銀を米ドル建てで買う理由とは?

 では、なぜ今、金なのか。

「年初から相場が荒れていますが、原因とされるのは中国経済の失速。しかし、さらに根幹にあるのは人民元相場です。中国政府が為替制度を変更すると相場が荒れます」

 さすが専業、ファンダメンタルズもしっかり分析しているようだ。

「いや、西原さんや志摩さんのメルマガなどで読んだだけなんですけど(笑)。2人とも’16年はリスクオフを警戒しています。でも、金に目をつけたのは自分なりの分析。リスクオフで買われるのが実物としての価値がある金ですし、ジョージ・ソロスやジム・ロジャーズといった超大物投資家が金を狙っているという話もあります。金は’11年に1900ドルの高値をつけてから下落基調が続いていますが、今年は年初から上昇基調。このまま上昇トレンドが本格化しそうな予感がします」

 しかし、金以上に期待できる投資先があるという。

「銀です。金と銀は基本、同方向に動き、銀も’11年に高値をつけてから下げていますが、下落率は金よりも大きい。そのため上昇余地も大きいんです。ただ円建てはダメ。’16年は円高ドル安が濃厚なので円建てだと目減りしてしまい、金価格上昇の恩恵を受けにくい。米ドル建ての金/米ドル、銀/米ドル、プラチナもオススメです。’16年は金、銀、プラチナバイ&ホールドだけでもいいと思っているくらいです。今は資金の8割がFX、2割がCFDですが、CFDの資金を5割に増して買い増す予定です」

 模倣する側から模倣される側になったひろぴー氏。金&銀のバイ&ホールドを模倣してみよう。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=86942

【ひろぴー氏】
専業トレーダー。’10年にFXを始め昨年、会社を退職して専業に。FX会社での連載やセミナーも多く人気急上昇中の若手NO,1トレーダー。http://fxhiropi13.com/

取材・文/高城 泰(ミドルマン) 図版/ミューズグラフィック