Wi-Fiが弱いと思ったら試したい、4つの「ルーターの置き方」

写真拡大

Wi-Fiという“魔法”を使うのには、いくつかのコツがある。自宅にWi-Fiルーターを設置するときに覚えておきたい、ちょっとした置き方の工夫を4つ紹介する。

「Wi-Fiが弱いと思ったら試したい、4つの「ルーターの置き方」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ご存じとは思うが、Wi-Fiシグナルはルーターから離れるにつれ弱くなっていく。もちろん、ほかにもさまざまなものが影響する。建築構造やプロバイダなどとにかくさまざまだが、いちばん大切なのはルータをどこに置くかである。

覚えておいて欲しいのは、ルーターから送信される信号は、アンテナを中心として全方向に広がるということである。あなたのルーターが隣のアパートの部屋との間の壁近くに置かれていたら、その隣人は信号を受信することになるだろう(当然のことではあるが、いますぐあなたのWi-Fiがパスワードで保護されているかチェックいただきたい)。

ワイヤレスルーターの信号強度をもっと強く(受信)するための最適な置き場所については、ちょっとした秘訣がある。以下に紹介しよう。

1.部屋の中心に置く

置き場所がカギだ。ルーターの置き場所として、家のなかでもできるだけ中心に近いところを探そう。デスクトップコンピューターやモデムの位置があるから、とは考えないこと。

2階建ての場合には、ルーターを壁にマウントしたり、あるいは天井近くのコーナーに設置することも考えてみよう。一般に、電波は上ではなく下向きに広がっていくからだ。2階にルーターを設置することも考えよう。

2.通過の障害となるものを避ける

電波は確かに壁を通り抜けるのだが、壁が厚くなるほど壁を通過する信号の強度は弱くなる。そしてあなたの家がレンガやコンクリートの壁で覆われている場合には、信号は壁によって吸収されてしまい、壁を通り抜ける信号の強度は著しく弱くなる。同じことが、例えば巨大な水槽などにもいえる。水槽は、信号にとっての大きな妨げとなるのである。

金属や鏡も敵である。これらの材質は電波を反射するため、TVの後ろやバスルームにルーターを置くのはおすすめしない。

3.キッチンは避ける

Wi-Fi信号に干渉するものを避けるという点で言えば、電子レンジはあなたの敵だ。電子レンジとWi-Fiルーターは同じ2.4ギガヘルツ帯の電磁スペクトルを使用している。電子レンジを使用すると、Wi-Fi信号は文字通り干渉を受けることになる。さらに、金属製の物体は信号を吸収するので、金属製の冷蔵庫、コンロ、その他キッチン家電があるキッチンには、おそらくルーターを置かない方が良いだろう。

同じ周波数は、コードレス電話でも用いられている。だからコードレスフォンのベースステーションは、ルーターの近くには置かないようにしよう。

4.アンテナを工夫する

アンテナはルーターの一部で、それがWi-Fiの送受信を行っている。アンテナは通常、左右に動かしたり、場合によってはソケット内部で回転させることもできる。もし水平に信号を拡散させようとするなら、アンテナを垂直にするのが最も効果的である。Wi-Fiを自宅やオフィスの複数階に送信したい場合には、アンテナを水平にするのである。

Wi-Fiルーターのアンテナが取り外し式になっていることはあまりないのでがよくあるので、そのような場合には、ルーターを電気屋に持って行き、それに適合するアンテナでより遠くまで送信できるもの(「高出力」と呼ばれるもの)を探すこともできる。

[2016.3.21 本文の一部に誤りがあったため、修正]