16日、中国と欧米の食文化はさまざまな点で異なるが、その違いを原因に中国人が海外で白眼視されることも少なくない。

写真拡大

2016年3月16日、米華字メディア・多維新聞によると、中国と欧米の食文化はさまざまな点で異なるが、その違いを原因に中国人が海外で白眼視されることも少なくない。

中国人は冷たい食べ物よりも温かい食べ物を好む傾向が強く、飲み物もお湯やお茶を好むが、欧米人の多くは冷たいミネラルウオーターを好んで飲むことから、海外では真夏であっても温かいお湯やお茶を欲しがる中国人は奇異に見られることが多い。

この「中国人は温かい飲み物、それもお湯を特に好んで飲む」習慣について、米紙ロサンゼルス・タイムズは「中国で最も好まれている飲み物とは?それはお湯。事実だ」との記事を掲載した。

執筆者の中国系女性は夫とともに海外でお湯を求めて気まずい思いをしたことを紹介し、中国人がお湯を飲みたがることは欧米人にとって不思議に見えるだろうが、同じように、中国人にとっては冷たい飲み物を飲みたがる欧米人は異様で、とても不健康だと感じられていると指摘している。(翻訳・編集/岡田)