東京スカイツリーの天望デッキに新しいショー演出登場!さらに、桜の照明やヨガ教室も

写真拡大

「東京スカイツリー天望デッキ フロア350」では、2016年3月18日(金)から、新しい演出空間「SKYTREE ROUND THEATER(スカイツリー ラウンドシアター)」をスタート。これは、天望デッキの窓ガラスを横幅約110m、高さ約2mの巨大なスクリーンに仕立て、34台のプロジェクターでプロジェクションマッピングを投影するというもの。

プログラムは定期的に入れ替える予定で、第一弾のプログラムは天望デッキの窓ガラス清掃を迫力満点に仕上げた「WIPE UP!(ワイプ アップ)」。清掃員が窓ガラス掃除している映像が投影される前で、清掃員に扮したパフォーマーが登場して、お掃除をテーマにしたダンスショーを繰り広げる。さらに、生演奏をする音楽家が登場することもあるそう。

「お客さまが夜景を見ている窓が、そのままエンターテイメントの舞台になります。18台のスピーカーを使った音響も、臨場感あふれるストーリーを盛り上げます」と、広報担当者さん。

公演は1日3回、15分程度で、3月18日(金)から4月15日(金)までは19時、19時45分、20時30分の3回、4月16日(土)から5月31日(火)までは19時30分、20時15分、21時の公演となる。6月以降も公演は続く予定で、公演時間は順次HPで公開されるそう。

また、3月19日(土)から4月10日(日)は日没後から24時まで、タワーを世界一高い桜の木に見立てた特別ライティング「舞」も点灯。

ピンク色の濃淡に彩られたタワー全体の、ところどころが白色にきらめく姿は、ひらひらと桜の花びらが舞うような雰囲気だとか。


また、4月10日(日)までは、1階、4階、天望デッキ、天望回廊で桜をモチーフにした館内装飾も実施。期間中は、天望デッキで公式キャラクターのソラカラちゃんが、春限定の桜色のコスチュームで来場者とふれ合う「桜グリーティング」(9時、10時30分、13時30分、15時、16時30分)もあるので、記念のツーショット撮影もいいかも。

「東京スカイツリータウン(R)内には、1階『ソラマチ広場』にシダレザクラ、4階『スカイアリーナ』にはヤマザクラ、イーストヤード1階にはゴテンバザクラ、ウエストヤード1階にはアマノガワがあります。天望回廊からも隅田川の桜が一望できるので、お花見スポットとしてもご利用ください」(同)


気候もいいこの時期、太陽の下で健康的に過ごしたい女子にぴったりのプログラムも。3月20日(日)から4月10日(日)の間の土・日・祝日は、10時30分から11時30分まで、東京スカイツリータウン8階の開放的な「ドームガーデン」で、「Sola-YOGA(ソラ ヨガ)」を開催する。

初心者から経験者まで気軽に参加できるように、プログラム内容はベーシックなヨガになっているそう。参加費は無料で事前の申し込みは不要だけど、定員が各回60名と決まっているので、参加したい女子は当日10時までに会場で受付を。

昼も夜も、いろいろなプログラムが揃ったスカイツリータウンで、女友達とのヨガや彼と夜のデートを楽しんで。