17日、南アフリカで中国人を狙った誘拐事件が頻発している。資料写真。

写真拡大

2016年3月17日、中国新聞社によると、南アフリカで中国人を狙った誘拐事件が頻発している。

2月15日、南アフリカ・リンポポ州の中国人が経営するレストランを銃を持った5人組が襲撃、中国人4人を誘拐した。家族が身代金を支払い、4人は事件発生当日に解放されている。

南アフリカのムプマランガ州、リンポポ州の境界部では2015年末から中国人を狙った誘拐事件が6件発生している。在南アフリカ中国大使館は中国人の生命と財産を守るよう両州警察に申し入れ、合同捜査本部を設立するよう求めている。(翻訳・編集/増田聡太郎)