絶滅の危機に瀕している、美しきカエルたちのフォトギャラリー

写真拡大

まさに、井の中の蛙大海を知らず。カエルは世界各地で生息する多様性のある生物だが、いま絶滅の危機に直面しているという。そのカエルを深く掘りさげるべく生物学者ティム・ハリデーは1冊の本「The book of Frogs」を発表した。

SLIDE SHOW 「絶滅の危機に瀕している、美しきカエルたちのフォトギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら
frog02

2/7その大きな脚を利用して、木から木へと飛び移るカエル。
PHOTOGRAPH BY ROBERT PUSCHENDORF

frog03

3/7別の毒カエルの真似をする毒カエル。
PHOTOGRAPH BY JOHN CLARE

frog04

4/7ヨーロッパに生息する緑ヒキカエルは潰されるとひどい匂いの白い分泌物を出す。
PHOTOGRAPH BY ANDREAS & CHRISTEL NÖLLERT

frog05

5/7黄色のハート型の舌をもつカエル。ライヴァルとの争いに鋭い牙のペアを使う。
PHOTOGRAPH BY WESLEI PERTEL

frog06

6/7インドネシアボルネオ島に生息するツノカエル。PHOTOGRAPH BY TWAN LEENDERS

frog09

7/7アマガエル。PHOTOGRAPH BY MIGUEL VENCES

Prev Next

カエルはお世辞にも人気がある、とはいえない生き物だ。

古くは『出エジプト記』の「十の災い」のひとつ「カエルの災い」として大量発生し人間の頭を悩ませた(確かにどう考えてもあまり歓迎されたものではない)。その後も、両生類はイボの原因だとして忌み嫌われた(明らかにデマだが)。カエルが王子様になったグリム童話の時代は多少マシだったが、いまカエルはその人生最大の危機に直面している。

それは、「人間」という天敵だ。

人間によって絶滅の危機に瀕しているカエル。世界中で菌類がカエルを襲い、人類がカエルの生息地を破壊した。カエルという生物における分類やその生態を理解することが緊急かつ重要だと考えた生物学者ティム・ハリデーは「The book of Frogs」を発表した。

いくつかの種が確認されている「ヤドクガエル」から、面白い名が付けられた「悲しげなアマガエル」まで、この本は、世界中に生息する600匹ものカエルを収めた、美しく素晴らしい本である。またこの本は確かにすばらしい出来栄えであると同時に、カエルという謎めいた生物の生態について、科学者でさえ驚くほど知らないことが多いことも教えてくれている。

知られているだけで約7,000種類と非常に多様性をもつカエル。現在の6大陸に別れる前、パンゲア大陸の時代から進化していたカエルは、分裂した大陸に乗ってそのまま海を移動したと考えられている。

現在では、カエルは南極大陸を除いてすべての大陸に生息している(そもそも南極大陸に住んでいる生物がそういないのだが)。

カエルはただ川で泳いでいるだけではない。それはあまりにステレオタイプというものだ。例えば、土中に潜伏し何年も厳しい砂漠の地下でもち堪えることも観察されている。土が凍ってしまっても溶けてもピンピンしている種類もある。トビガエルは、木から木へと飛び移り、大きな水かきのついた足を広げて舵をとり、しばし空中を支配する。

カエルの危機の原因は、その「皮膚」に潜んでいる。ツボカビとして知られる悪質な菌類がカエルの皮膚に生育して、肌を分厚くするのだ。カエルは皮膚を通して水分や塩分を吸収するだけでなく、呼吸もしている。そのため、肌が分厚くなるのは非常に危険だ。菌類は世界中に生息地を広げ、その存在が知られるだけで数百種にも及ぶカエルが絶滅に追いやられた。

そして、これだけに止まらない。

「除草剤や殺虫剤、化学肥料のような農薬も世界中でカエルの脅威となっています。アフリカやアジアでは食用にもされています」とハリデーは言う。広範囲に渡る生息地の減少にさらに問題が加わり、大きな問題へと発展している。

『The book of Frogs』は、種の多くが遠くない将来絶滅してしまうかもしれないという悲しみと、美しい生き物カエルに一瞬でもスポットライトが当てられているという素晴しさが同居している。もちろんそのスポットライトは、温度変化が苦手なカエルゆえ、“熱過ぎない”のが最大のポイントだ。