台中市政府提供

写真拡大

(台中 20日 中央社)台中市太平区の坪林森林公園で20日、同地特産のビワをPRするビワフェスティバルが開催された。会場には林佳龍市長が駆けつけ、旬の味に太鼓判を押した。

台中は台湾で生産されるビワのうち約8割を占める。今年は寒波の影響で減産となったが、林市長は変わらぬおいしさを強調。ビワのキャラクターや関連グッズなどを通じて販売力強化を図っているとし、農業や観光のさらなる発展にも期待を寄せた。

(趙麗妍/編集:齊藤啓介)