今週もV逸…ミスショットに天を仰ぐ(撮影:ALBA)

写真拡大

<Tポイントレディス ゴルフトーナメント 最終日◇20日◇鹿児島高牧カントリークラブ(6,423ヤード ・パー72)>
 2週連続で完全優勝が手の中からすり抜けていった。『Tポイントレディス ゴルフトーナメント』最終日では、単独首位からスタートしたキム・ハヌル(韓国)はスコアを2つ落としトータル5アンダーでフィニッシュ。5位タイで3日間の競技を終えた。
キム・ハヌルの特選PHOTOは写真館で!
 「良く終わったなという気持ちで一杯です」。序盤から苦しいゴルフが続き、7番(パー4)では2度木に当てるなどで4オン。何とか1パットで決めてボギーで凌ぎ、拳を握りしめたが流れは変わらなかった。
 折り返しての15番でようやく最初のバーディを奪ったが、16番パー5ではレイアップした3打目がグリーンに届ず手前のバンカーへ。このホールをボギーとすると、17番パー3でも2オン2パットのボギー。トップの大江に3打差をつけられ万事休すとなった。
 先週の『PRGRレディス』でも首位で最終日を迎えるも4位タイでフィニッシュ。2週連続で厳しいサンデーバックナインとなったが、「そんなに悔しいという気持ちは今はないです。今日はショットが悪かったですから」。
 ボギー先行でも優勝のプレッシャーは無かったと続ける。「途中1打差でしたし、そんなに感じてはいませんでした。今日は私以上にもっとすごい選手がいましたから…」。
 とはいえ優勝こそ無いもののここまでの3試合すべてベスト10フィニッシュ。調子は悪くない。「このまま次の宮崎で頑張りたい」。気丈に言葉を吐き出すと、早々に帰路へとついた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>