<Tポイントレディス ゴルフトーナメント 最終日◇20日◇鹿児島高牧カントリークラブ(6,423ヤード ・パー72)>
 最終組の3人が伸ばしあぐね、大混戦の様相を呈した『Tポイントレディス ゴルフトーナメント』最終日。最後に笑ったのは首位と1打差の2位からスタートした大江香織だった。
波乱の最終日をライブフォトで振り返る!
 スタートの1番ではチップインでバーディ発進を決めた大江だったがそこからスコアを伸ばせなかった。渡邉綾香、イ・ボミ(韓国)らが追い上げてくる中、ようやく後半の13番、15番でバーディを奪取。17番を終えて2位に2打差をつけて単独首位に立っていた。しかし、最終18番では最大の試練が待っていた。
 ピンチはいきなりきた。「とりあえずフェアウェイに置ければ」と考えていたティショットが、「左のクリークを嫌がって…体が反応してしまいました」と大きく右に曲がり崖の下へ落ち、木の根元にくっついてしまう。「もっと打ちやすいところにあると思っていた」。想像以上にライは悪かった。
 アンプレイヤブルをする選択もあったがそれは考えなかった。「とにかくフェアウェイに戻そうと。崖を越えられず戻ってくるのがとにかく嫌だったので(奥にある)池に入ったら仕方ない」と思い切り振りぬいた打球は案の定奥の池へ。次が4打目、ダブルボギーならプレーオフとなる厳しい状況だった。
 だが、勝利の女神は大江に微笑んだ。「とりあえずグリーンに乗れば良い」。思いをこめて打った4打目は、ピンの真横1メートルに着弾する今日一番のショット。ピタリと止まり集まった大勢のギャラリーからは大歓声が巻き起こった。最後のウイニングパットは「手が震えた」というものの、いつものルーティンとスピードでストローク、しっかり決めてガッツポーズを挙げた。この“ナイスボギー”で4年ぶりとなる2度目のツアー優勝を果たした。
 「もう勝てないと思っていました。まだ信じられません」。優勝のインタビューでは涙を拭う場面も。「まだ勝ったばかりでちゃんと次の目標を決めてないですが、再来週の『ヤマハレディース』で良いゴルフができるように頑張りたいですね」。お世話になっている人たちの前でも最後のようなショットを打てるように、調子を維持して静岡へと向かいたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>