イタリアの少数生産メーカー・パガーニは、ゲームの影響もあってか、スーパーカーメーカーとしては驚くほど日本では知名度が高いメーカーです。

パガーニの長であるオラチオ・パガーニは、経営者でありデザイナーです(写真左の人物がパガーニ氏)。

1

パガーニ社の「アトリエ」で誕生するクルマ達は、その1台1台に魂が宿っており、2台と同じ仕様のクルマは存在しません。

パガーニ氏は、選ばれた顧客が120%満足できるクルマを長考を重ね提案し、丁寧に形にしていきます。オーナーの元に届けられたパガーニは、「時速300km/h以上で走れる芸術品」と評されることもあります。

今月から開催されているジュネーブモーターショーで、アメリカでまだ正規ディーラーがなかった時にパガーニ・ゾンタに惚れ、パガーニ氏とも交流が特に交流が深かったベニー・ケイオラ氏のイニシャル「BC」を授けたスペシャルモデル「ウアイラBC」をワールドプレミアしました。

 

開発当初から目撃情報が多く、巨大なリアウイングからクローズドコース専用車ではないかと噂されていましたが、パガーニが持てる技術を注ぎ込んで製作したウアイラBCは、プレミアスーパースポーツカーとして僅か20台のみ、公道でそのオーラを振りかざす事が許されたのです。

心臓部にはAMG製の6.0L V12ツインターボが搭載され、789馬力を発生します。組み合わせるトランスミッションは、レーシングカーでお馴染みXTRAC社製のウアイラBC専用開発7速シーケンシャルMTです。75ミリ秒という素早いシフトチェンジとベースモデル比4割減の軽量化を実現し、車重は驚異の1218kg!

3秒で0-100km/h加速をこなし、最高速は350km/h以上になります。エアロダイナミクスもレーシングカー並の巨大リアウイング、フロントホイールアーチのダクト、フロントアンダースポイラーとカナードにウアイラのアイデンティティーの4枚の独立可変フラップで高速走行時の安定を向上させています。

動画を見るにはこちら

YouTubeにてイタリアのサーキットでウアイラBCが全開走行している様子が配信されました。おそらく、ジュネーブ直前に開催された関係者・VIP向けの試乗会と思われます。ベースのウアイラ比べてロールが抑えられている感じが見て取れるので足回りはそれなりにハードに締め上げてあるのでしょう。

このパガーニ・ウアイラBCは限定20台、日本円で2億8000万円前後のプライスが提示されていますが、既に完売だそうです。ちなみにこのプライスは、ジュネーブで公開された「仕様」のお値段になるので、実際にオーダーされるウアイラBCは独自のスペシャルオーダーが入るのは間違いないので3億前後になると思われます。

パガーニ・ウアイラBC、PS4/Xbox One/Steam/PCで発売中の人気海外レースゲーム「Project Cars」にて、追加コンテンツとして配信されることが決定しています。このコンテンツには、ウアイラの前モデルである、「ゾンタ」のクローズドコース専用車「パガーニ・ゾンタR レヴォリューション」も登場します。

この追加コンテンツを含め、発売から配信された全ての追加コンテンツが始めから収録されてる「Project CARS Games of The Year Edition」が今春発売決定しています。日本では正規販売されていないので、Windowsの方は「Steam」でダウンロード購入、PS4/Xbox Oneでドライブする方は、Play-Asia.comといった輸入ゲーム専門ショップで購入できます。

動画を見るにはこちら

公式サイト:パガーニ・ジャパン
公式サイト:Project Cars

(栗原 淳)

既に完売!伊独共作の3億円スーパーカーがサーキットデビュー!(http://clicccar.com/2016/03/20/360248/)