中華郵政提供

写真拡大

(台北 20日 中央社)台湾の郵便事業を担当する中華郵政は18日から、120周年記念切手を販売している。5台湾元切手と12元切手のセットで懐かしい郵便ポストや配達用自転車のイラストなどが描かれている。(1元=約3.44円)

台湾の郵便事業は日本統治時代の1896(明治29)年3月20日に開始。台北市内の北門に面する台北郵便局は、1930(昭和5)年に建てられた建物を現在でも使用している。

(編集:齊藤啓介)