話題の北海道新幹線を思い通りに運転できる!

写真拡大

タカラトミー(東京都葛飾区)は、「ぼくが運転!マスコン北海道新幹線はやぶさ」を2016年4月28日に発売する。3月26日に開業する北海道新幹線をいち早く商品化。鉄道車両の運転台に設置されている「マスコン(マスター・コントローラー)」をまねたコントローラーで、本物の運転士のように子どもたちも「操縦レバー」を使って、プラレールを思い通りに操作できる。

通常のプラレールは列車上部のON/OFFスイッチで発車と停車を切り替える仕組みだが、本品は「マスコン」から赤外線を使用して車両に信号を送ることで、バック・停車・低速・加速が操作可能になった。また、マスコンのサウンドボタンを押すと、馴染みのアナウンスやリアルなサウンドを30種類以上楽しむことができる。実際の北海道新幹線に合わせた「次は〜新函館北斗〜」などの音声案内も連動させることで、東京から北海道までの運転を疑似体験できるのも魅力となっている。

さらに、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをマスコンにセットし、操縦レバーで操作すると画面上に連動した演出が現れたり、画面上の車両を駅でぴたりと停止させる運転士ゲームで遊ぶこともできる。

全国の玩具専門店、百貨店・量販店などの玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで取り扱う。希望小売価格は6500円(税別)。