オバマ大統領、台湾のインターポール参加を支持=外交部が感謝

写真拡大

(台北 20日 中央社)オバマ米大統領は18日(米東部時間)、台湾の国際刑事警察機構(インターポール)へのオブザーバー参加を支持する議会上院の法案に署名した。外交部は19日、「台米関係が最良の状態にあることの証だ」とし、感謝の意を示した。

台湾は1964年に同機構へ参加したものの、1984年に中国大陸の加盟を機に脱退。国際的なデータベースが共有できないなどの不便が生じている。

法案の通過で、ケリー国務長官は、今後90日以内に台湾の同機構参加に寄与する具体的な取り組みについて、議会で報告する必要がある。

これを受け、駐米代表処(大使館に相当)も感謝を表明。内政部(内務省)警政署刑事警察局(刑事局)も、参加実現に向けて引き続き国際会議などで各国・地域に働きかけるとしている。

(唐佩君、劉建邦、鄭崇生/編集:齊藤啓介)