春分  今後1週間天気ぐずつく/台湾

写真拡大

(台北 20日 中央社)20日の台湾は、中国大陸の華南地方から流れ込む湿った空気と北東からの季節風の影響でぐずついた空模様となっている。中央気象局によると、今後1週間は雨が降りやすい天気が続くとしている。

台湾のほとんどの地域で曇り一時雨となり、雨足が強まるところもある。最高気温は21〜26度前後となる見込み。

今後は前線の通過と北東からの季節風、華南地方からの湿った空気などの影響が続く見通し。台湾では「春分から清明節(今年は4月4日)までは多雨になる」といわれており、言い伝え通りの天気となりそうだ。

(編集:齊藤啓介)