この仕事をして20数年、希少かつ貴重な珍しいクルマに会う僥倖に多々あずかってきたが、毎年行く度に我が身の勉強不足を思い知らされるイベントがある。それが毎年2月1週目、パリで行われる「レトロモビル」だ。会場は2年に一度のパリ・モーターショーと同じくポルト・ドゥ・ヴェルサイユの見本市会場。5日間という短い開期にのべ11万人以上の観客が詰めかける、インドアの自動車ミーティングとしては欧州で最大規模のイベントだ。

1

クルマだけでなくバイクや船、鉄道にいたるまで、飛行機を除いた地上の乗り物であれば大体OKという、バラエティ豊かなイベントでもある。ミニカーやトイ、昔のポスターやカタログといった小物(アウトモビリアと呼ばれる)を専門とするショップの出展も、充実している。

レトロモビルがすごいのは、旧車がただ単にいっぱい集まるからではない。5万平米超の会場に500台以上という旧車の内訳は、メーカーや博物館のコレクション車両、クラブのメンバーの所有車、ショップのデモカーや売り物、オークションで競売にかけられるクルマといったところだろう。ところが集まったクルマの中に、滅多にお目にかかれない魔物級が続々・・・という、レアさの質がちょっと尋常ではないのだ。とくに主催者が毎回設定するテーマ展示は、「カルチャーの前にカルトありき」というか、人気が出て火がつくとか「文化」として人々に広く認められる以前に、そもそも種火を絶やしてはならないという態度が滲み出ている。

まず注目を集める一番のカテゴリーは何といっても、「クルマとしてセレブな」クルマたち。ル・マン24時間を戦った1989年のシルクカット・ジャガーXJR-9とか、98年優勝車のポルシェ911GT1とか、一連のブガッティのような、そもそもがオンリーワンの存在で、当時から目覚しい活躍で注目をされ、立派な戦績を残した個体は「ヒストリーつきのクルマ」として、崇められる存在になっているのだ。売買の際は同型の違う個体ではないことを証明するために、現役のレース時に付随したFIA車検証のような書類が求められるが。

 

続くカテゴリーは、いってみれば競争で勝利したクルマではないかもしれないが、特殊な記録や功績を残した類のクルマだ。たとえば1956年にボンネヴィルのソルトフラットレイクで、最高速度記録に挑戦したルノーの「エトワール・フィラント(文字通り「流星号」)だ。270馬力のガス・タービン・エンジンで時速308.85kmを記録した。

 

あるいは、そこまでオンリーワンでなくても、量産車だが他の同型モデルと少し違った特徴をもつ個体なども、セレブな部類に属する。フェラーリ250GTのバリエーションや戦前のメルセデス・ベンツのようなカロッツェリアの違いによる架装ボディの違いなどだ。グループBのように、GTカテゴリーやラリーのような量産車ベースのコンペティションで活躍したクルマも入るだろう。

これらに続くのがいわゆる定番人気モデルで、当時から名車とされていた、または人気映画の主人公が乗っていたのと同型といった、より広義のセレブなクルマといえる。近年、価格沸騰が著しい1973年以前のポルシェ911やジャガーEタイプ、あるいはランチア・ストラトスのようなスーパーカーや、W111以降の縦目のメルセデス・ベンツSクラスやシトロエンDSといった高級車、そして007で知られるアストン・マーチンのDB5など、一定以上の評価を得た、一般に認知度の高い人気車種といえる。

 

その先は徐々に玄人受けの領域、つまりマニア間で「おっ」と思われるような、珍しい部類に入るクルマがある。デ・トマソ・マングスタとかジョルジュ・イラとかスタンゲリーニ1100クーペ・モットとか、名前を聞いてもフツーの人はパッとカタチを思い浮かべることはないであろう、そういうクルマだ。直し好き、というイジり派の旧車好きが楽しんでいるのは、大体この辺りのカテゴリー。先に述べた人気車種あたりだと、一台あたりが高過ぎたりボロボロでも部品取り車にするのは勿体無いというか憚られる、そんなレベルに達しているからだ。

その先はある意味もはや人外魔境、潰れてしまった自動車メーカーの工場やデザイナーのアトリエから発掘されたプロトタイプとか、払い下げられた元公用車といった類だ。今回のレトロモビルでいえば、まだ第三共和制当時(現在は第五共和制)のフランス大統領官邸で、迎賓用途の1896年製公用車。クルマの発明された時代と同時期の馬車で、ロシア革命で倒されたあのニコライ2世を乗せたことがあるという。

ちなみに主催者のテーマ展示は、忘れ去られかけたクルマや自動車人の功績を掘り起こすことに力が置かれているが、年々、そのカルトっぷりはエスカレートしている。数年前は「水陸両用車の100年」とか「プロペラ推進車の1世紀」というテーマが成立したほどで、今年は「ロンボイド」だった。ロンボイドとは、車輪を菱形に配置した4輪車のことだそうで、通常は左右2輪で駆動するとか。その場で360度回転が可能なことから、都市コミューターとして未来のクルマとして、色々なデザイナーが真面目に研究した時代があったのだ。

 

中でも白眉は、1960年式ピニンファリーナX。幾多のフェラーリのデザインで知られるあの名門も、50年代にロンボイドを手がけていたのだ。飛行機を思わせる流麗なエアロダイナミクスはさすが。他にも軽量なオールアルミ・ボディを採用した1947年のアラマニーに至っては、ルノーのエンジンチューナーとして有名なゴルディーニの工房で組まれたなど、じつはロンボイドが「通常のクルマと紙一重」のところにいたことが分かる。

もう一台、圧巻のオンリーワンは、フランスのインダストリアル・デザイナーであるフィリップ・シャルボノーがデザインした1950年式パテ・マルコーニ・トレーラーだ。これはテレビのなかった時代、映画製作&配給会社が宣伝車として走らせていたもので、電車かと見まごうばかりの10輪トレーラーは、ステージとなるルーフへ上るためのエレベーターが内蔵され、スピーカーなどの音響装置はもちろんレコーディングスタジオまで備えており、ゲストやスターを迎えるためのバーやラウンジスペースまであった。要はこのトレーラーが街の広場を転々と地方巡りしながら、レコードの売り上げや映画の動員を後押しした、そういう時代の産物だ。ちなみにこの青いトレーラーには、エディット・ピアフらが乗りこんでプロモーションに励んだという。

そうした「フランスの昭和」を求めてやってくるのは、当然フランスのお年寄りが多いわけだが、近年は孫連れや明らかに欧州以外のマニアも増えている。実際、入場チケットはインターネットで16ユーロ、当日券18ユーロで、12歳未満はタダ。クレジットカードで払ってプリンタ出力したら、あとは現地に携帯していくだけの方が安上がりだ。ただしセキュリティもあって、各チケットには使う本人の個人名が割り当てられており、現場ではパスポートなどで本人確認も要る。

2月初旬は例年、飛行機のチケットの安い時期なので、一生に一度は訪れてみることをお勧めしたいカルトなイベント、それがレトロモビルだ。

(南陽 一浩)

珍車の宝庫! 伝説の旧車祭り「レトロモビル」にはフランスの昭和がいっぱい!!【ガラッパ!〜ゲロ裏01】(http://clicccar.com/2016/03/20/359769/)