19日、中国湖北省でこのほど、偽造された自動車の運転免許証を警察官に提示した男に約10万円の罰金と5日間の拘留処分が科された。

写真拡大

2016年3月19日、中国湖北省でこのほど、偽造された自動車の運転免許証を警察官に提示した男に罰金6000元(約10万円)と5日間の拘留処分が科された。網易新聞が伝えた。

運転免許証の初回発行日が「200年7月4日」となっていたことから偽造が発覚した。西暦200年とは中国で後漢時代(25年−220年)末期に相当する。

男は警察の調べに対し「替え玉受験で運転免許証を入手した。本物だと思っていた」と話している。(翻訳・編集/柳川)