ヨーロッパで好評の「ウェーブデザイン」を採用!

写真拡大

ダイキン工業は、ヨーロッパで好評の、風の流れをイメージして曲面を基調とした「ウェーブデザイン」を採用した、厚みを抑えてインテリアとの調和を図った住宅用マルチエアコンの壁掛形室内機「UXシリーズ」を新たにラインアップ、2016年10月1日に発売する。

「UXシリーズ」は、工業デザイナーのアレキサンダー・シュラッグ氏とダイキンヨーロッパ社が共同でデザイン。「インテリアとの調和」をコンセプトに、風の流れをイメージして曲面を基調とした「ウェーブデザイン」の前面パネルを採用。左右両端の厚みを129ミリメートルに抑えることで、壁との一体感を表現したほか、正面だけでなく、あらゆる角度から見てもインテリアに調和するデザインに仕上げた。

快適性も追求。人感センサーと上下左右の自動風向制御により風を感じない気流を実現。また、1日4回、曜日ごとの運転スケジュールを設定可能なウィークリータイマーを搭載した。無線LAN接続アダプター(別売品)と接続すれば、外出時の遠隔操作もできる。

部屋の形やインテリアにあわせて、1台の室外機で天井埋込カセット形や壁埋込形、床置形、床暖房などさまざまなタイプの室内機との組み合わせを可能にした。

希望小売価格は、「C22RTUXV‐W(S)」が13万円、「C28RTUXV‐W(S)」は15万円、「C36RTUXV‐W(S)」17万5000 円、「C40RTUXV‐W(S)」18万5000 円、「C50RTUXV‐W(S)」は22万 円(いずれも税別)。