眼科領域での再生医療に注目が集まる(写真はイメージ)

写真拡大

大阪大学大学院医学系研究科、脳神経感覚器外科学の西田幸二教授、林竜平寄附講座准教授らの研究グループは、2016年3月10日、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から「角膜上皮」や「水晶体」、「網膜」など目の主要部分の細胞を作ることに成功したと発表した。培養した角膜はウサギへの移植が成功し、治療効果を確認しているという。

iPS細胞は、皮膚や血液など特定の働きを持った細胞に複数の遺伝子を導入して受精卵のように体のさまざまな細胞に変化する能力を持つようにした細胞。これまでにもiPS細胞から、網膜などを部分的に発生させる技術は報告されていたが、網膜に加え、角膜や水晶体も同時に発生させる技術は世界で初めて。

角膜上皮は黒目の表面を覆う膜で、外傷や化学物質、疾患による炎症で傷がつくと失明することがあり、治療には角膜移植が必要となるが、拒絶反応や提供者(ドナー)不足の問題がある。

西田教授らの研究グループは、特殊なたんぱく質を培養地としたシャーレ上で、iPS細胞から角膜や水晶体、網膜など、目の主要部分になる細胞を含んだ同心円状の4層の組織を作製。さらに、この組織から角膜上皮の細胞による薄いシートを作り、角膜がないウサギに移植したところ、正常な角膜機能を持つことを確認した。

2014年9月には、理化学研究所のグループが、加齢黄斑変性の患者の皮膚からiPS細胞を培養。網膜シートを作製し、移植に成功している。研究成果は2016年3月9日、英科学誌「Nature」オンライン版に掲載された。

参考文献
Co-ordinated ocular development from human iPS cells and recovery of corneal function.
DOI: 10.1038/nature17000. PMID: 26958835

(Aging Style)