哀川翔がドッキリ企画にマジギレ 「めちゃイケ」関係者一同で謝罪する事態

写真拡大

19日放送の「めちゃ2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、俳優の哀川翔が、番組のドッキリ企画にマジギレし、岡村隆史に詰め寄る場面があった。

番組では、「スター見えないどっきり(秘)報告」と題して、哀川をニセの打ち合わせでフジテレビ社屋に呼び出した。ナインティナインらはその様子を別室のモニターから確認する。

哀川には、最初に見知らぬ人物が突然背後から手をまわして「うい〜す!」とあいさつする“おどかしドッキリ”が仕掛けられた。すると哀川は振り返り、「何してんだよ?」と低い声で仕掛け人をにらみつけた。しかし、仕掛け人が謝罪すると、哀川は「誰だと思ったの?」と笑顔で答えた。

その後も、様々なドッキリが行われるが、哀川は動じずに打ち合わせに集中し、別室の矢部は「真面目な方」と評した。

ところが最後のドッキリで事態は一変する。哀川の目の前のケーキが爆発し、顔面と上着がクリームまみれになったのだ。哀川は表情こそ笑顔のままだが、「大丈夫なわけないよ」「いいかげんにしろよ」などと小声でつぶやく。

岡村と矢部がネタばらしに向かうと、哀川はブチギれ、「おはようございますじゃねえよ、お前」と立ち上がると上着を投げ捨て岡村に近寄る。現場が静まり返る中、岡村が神妙な顔つきで「すみません」と何度も謝した。

しかし哀川の怒りは収まらないようで、岡村が持つ「ドッキリ大成功!」のプラカードを奪い取ると、さらに彼ににじり寄る。矢部がそこに近づき真顔で「すいません哀川さん、申し訳ありませんでした」とあらためて謝罪したところで、哀川はプラカードを地面に叩きつけてしまった。

最後には岡村の説得もあり哀川には笑顔が戻った。だが、この内容を放送するために、スタッフや出演者一同で哀川に謝罪したとのことだ。

ドッキリ終了後、岡村は「(芸能活動)25年やってきて仲いい人怒らすってなかなかない」と感想を述べた。哀川の様子に、最初は自分たちが騙されていた「逆ドッキリ」だと勘ぐったが、スタッフの雰囲気で「マジや」と悟ったことを明かしていた。

【関連記事】
岡村隆史が三中元克をオーディションした理由語る「悪い部分が見え始めた」
岡村隆史がおのののかを説教し号泣させる「計算ばっかりで詐欺みたい」
ダイノジ・大地洋輔が三中元克の不合格でとばっちり 視聴者に叩かれる