もし皆さんの周りに古いiPhoneがあるのなら、InstructablesのユーザーであるPurincessが、iPhoneをウォールアートや時計に簡単に変えてしまう、カスタムフレームの作り方を紹介しています。

このアイデアはレーザーカッターでフレームを切断し、iPhoneを中にくっつけ、自分の好きな物を表示させてアートワークや時計などにするというものです。この解説動画では特にiPhoneであるということにこだわっていますが、もちろんiPhone以外の古いスマホでも同じように応用できます。このMDFを使った古い投稿では、どんなスマホでも簡単に応用できる方法を紹介しています。

古くなったスマホを机の引き出しに眠らせることなく、賢く再利用する方法を探しているのであれば、このウォールアートはスマホに新しい命を吹き込む楽しい方法ですね。


Reframe: Turn iPhones Into A Wall Widget from Purin Phanichphant on Vimeo.

Thorin Klosowski(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.