18日、ロイター通信によると、米海軍制服組トップのジョン・リチャードソン作戦部長は17日、中国がフィリピンと領有権を争う南シナ海・スカボロー礁周辺で活動しているのが確認されたと述べた。資料写真。

写真拡大

2016年3月18日、ロイター通信によると、米海軍制服組トップのジョン・リチャードソン作戦部長は17日、中国がフィリピンと領有権を争う南シナ海・スカボロー礁周辺で活動しているのが確認されたと述べた。

リチャードソン作戦部長は、スカボロー礁周辺で中国の船舶が調査活動などを行っていると述べ、中国が次に埋め立てを行う地域となる可能性があると指摘した。また、米国は今後の動きに注視し、不測の事態への対応を検討すると述べた。これを受け、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、「ばかげていて荒唐無稽だ」と米国の主張を批判した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「米国が北朝鮮の体制を変えようとして時間とお金を無駄遣いしている間に、中国は生産的な活動で忙しくしている」

「中国によって海の安全保障や貿易が危機にさらされる前に、世界中が協力して立ち向かうべきだ」

「米国とヨーロッパもこの地域に人工島を作るべきだ」

「言葉より行動の方が効果的だ。世界は言葉を発し続けるだけだが、中国は行動し続けている!」

「中国との貿易をやめるべきだ。雇用を米国に取り戻せ!トランプ氏に投票しよう!」

「中国との戦争は避けられない。問題はいつ始まるかということだ。早く始まれば、犠牲は少なくて済む」

「中国かロシアと戦争を始めたら、私たちはおしまいだ」(翻訳・編集/蘆田)